UDなにわ/日本授業UD学会

教室の写真>
黒板の写真>
メンバーの写真

教室は笑うところだ。

子供たちはいつ笑いますか?

どこで笑いますか?

誰といるときに笑いますか?

UDなにわ支部では、『学級経営』『特別支援教育』『教科教育』の理論や方法を横断的に授業実践に取り入れ、学級の児童全員が楽しく「わかる・できる」授業を目指しています。

どの学級の中にも発達障害の可能性のある児童が存在していると言われ、インクルーシブ教育が推進されている今だからこそ<学級全員>を一人も<取りこぼさない>教育が求められていると考えています。

さらに、「主体的・対話的で深い学び」を担保するするための授業デザインについても、教科指導の本質を見据えた、オーセンティックな学びを追求します。

「集中して取り組みなさい!」ではなくて、「集中せざるを得ない」デザインを用意するための授業研究を進めます。

「なんか、おもろくなってきた!」「先生、この問題、みんなでちょっと考えてみたいです!」「わたし、これ好き!」

子供たちにそんな風に感じさせる教育を、我々と共に模索しませんか?

好きになった時、人って前に進む。

「好き」で笑顔を作りましょう。

授業の中で、子供を笑わせましょう。

その時、われわれ教師も、笑顔になるはずです。

さあ、授業をして、笑おう。

UDなにわ/日本授業UD学会なにわ支部

代表辻本 学大阪市立加島小学校
竹村 純平 大阪市立西船場小学校
辰巳 裕昭 大阪市立香簑小学校
連絡先